2008/6/23

副都心線に乗ってみた


6月16日。
和光市と渋谷を結ぶ東京メトロ副都心線が開通して3日目。
いつもJR新宿駅東口から歩いて職場へ通っているボクですが
池袋からメトロの新宿三丁目駅まで一気に繋がったこの新路線に乗ってみることにしました。
ウチの職場は新宿三丁目駅から歩いた方が5分くらい早いので。

池袋駅に着き、副都心線のホームへ行くと、
ちょうど渋谷行きの電車が到着したところでした。
で、早速乗ろうとした瞬間、こんなアナウンスが。

「新宿三丁目へお急ぎのお客様は、この後に参ります急行にご乗車ください」
 
おおー、そうだった!
そう言えばこの副都心線には急行があるんだったわ!
急行は池袋と新宿三丁目をノンストップ(1駅)で結ぶスグレモノ。
それならメトロご自慢のその急行とやらに乗ってみるべ。

つーワケで、目の前に来ていた各駅停車の車両をスルーして、急行を待つことに。


3分経過。
5分経過。


まだ来ない。


7分経過。
10分経過。


ま、まだ来ない……
つーか、さっきの各駅に乗ってたらもう新宿三丁目に到着してるぢゃん……


12分経過。


まだ来ないっ。
しかも、それまで一切アナウンスは無し。
ホームで待っているお客さんたちもザワつき始めました。

ったく何やってんだよ。このままじゃ遅刻しちゃうよ。
事故でもあったのかな。
それならそれでアナウンスくらいしろよなぁ。んもう。
ふんがー!

ここでさすがのボクもキレました。
お客様を無視したこの姿勢。
日頃は温厚でガウタマ・シッダールタの生まれ変わりと噂されないワタルさんですが
駅員さんをとっ捕まえて遅れている理由を納得がいくカタチで説明してもらわねばなりません。
サービス業なめんな。
 
ってワケで、ホームに突っ立ってる駅員さんを発見。
詰め寄るワタルさん。
そして声を掛けようとした瞬間、ホームにアナウンスが。
 
「あの、えーっと、た、ただいま、混雑の影響?トラブル?で、で、電車がお、遅れております。
 ご利用のお客様にはご、ご迷惑をおか、お掛け、いたしますが、もうしばらくお待ちください」

噛みすぎ。
何このアナウンス。
思わず天に向かって「頑張って!」と応援したくなっちゃいました。


「 ダメだここの社員…… 早く何とかしないと…… 」
 
そして急行を待ち始めてから15分後。
やっと電車がホームにやってきました。
 
で、乗ってみたんですけど、車内はガラガラ。
ほとんどお客さん乗ってねぇーし。
たぶん乗車率は50%くらい。
混雑の影響ってマヂですか。適当に言ってね?

あー、もう、イライラするなぁ。
東京メトロふざけんな!


しかしこの後、そんなワタルさんのイライラを一気に解消するステチな出来事が。


なんと、車内アナウンスのおねいさんの声が
ボクが大好きなあのおねいさんの声だったのです!

東京メトロ副都心線大好き。 (*^ー゚)b  グッジョブ!


とまぁ、そんなこんなで遅刻ギリギリで出社したワケですが
デスクに着いたら総務部長からこんなことを言われました。

「副都心線が開通したけど、ワタルは通勤経路を変えるの?」
「うーん、どうしようかなぁ。今日乗ってきたんですけど、すごくいい加減だし」
「今はJRで来てるんだろ? それなら新宿三丁目の方が近いよな?」
「うーん、まぁそうなんですけど、ひとつ問題が」
「今日みたいにダイヤが乱れることか?」
「いやいや、そうではなくて」
「じゃあ何だ?」
「えーっと…… やっぱり言いにくいからいいです」
「何だよ、遠慮しないで言えよ」
「わかりました。実はJRからメトロに路線を変えると、定期代が2000円も高くなるんですよ」
「うんうん。それで?」
「いや、ですから、いいのかなーって思いまして」
「何だそんなことかー。いいよそれくらい」
「えっ? いいんですか? 会社は赤字なのにそんな贅沢しても?」
「…………」
「会社はすごく赤字なのに贅沢してもいいんですか? 大事なことだから2回言いました」
「うるせーよ」
「今の会社にとって2000円は大きいと思うんですよね」
「ばかやろう。それくらいオレの給料を減らしてでも払ってやるよ」
「マヂすか。あざーっす! じゃあ後で通勤経路の変更申請出しますね」
「おう、任せとけ」

ってことで、通勤をJRからメトロに変えようかなーって思いましたけど
池袋での乗り換え時間や、副都心線の急行とJRの埼京線&湘南新宿ラインのダイヤを比べると
あんまりメリットがないと言うことが判明しましたので、路線変更申請だけをして
やっぱり今まで通り内緒でJR新宿駅まで通う作戦にしたのでありますです。


「 つまり……給料2000円アップ!
 
  ありがとう副都心線!
 
  もう乗らないと思うけど大好きだ!



←[ RETURN ]