2007/6/1

ビリーズブートキャンプ入隊
 

						    
先日、友達からビリーズブートキャンプの基本プログラムDVDを見せてもらい
それを55分間じっくり鑑賞しただけで全く何もしないまま入隊を断念したワタルさんですが
今度はまた別の友達から最終日までのプログラムをドカンと渡していただき
 
「これあげるから今度は絶対に入隊すること! 約束して!」
 
と、電車の中で指切りまでさせられ、半分脅迫じみた誕生日プレゼントを獲得してしまいました。
どうもありがとうございます。
ちなみに小指を絡めて人前で指切りなんてしたのは20年ぶりです。
照れるぜ。
 
というワケで、普段は約束を守らない男として有名なワタルさんですが
今回は誠に不本意ながら珍しくその約束を守ってみることにしてしまいました。 
 
あたくし、本日、ついに、ビリーズブートキャンプに、入隊します! (`・ω・´) シャキーン
 
さぁ、リビングでジャージ姿(てゆーかパンツ一丁)になって、さっそくスタートです。
ビリー隊長! 
よろしくお願いします!

 

「 よおし、行くぜ! 」
 
 
と、その前にビリー隊長、
その黄色い手袋はどこで売ってるのか教えてくれ。
すんげー欲しいんだぜ。

< 5分経過 >
  
順調にプログラムをこなす新入隊員のワタルさん。
 
「フフフふ、これでもボクは運動神経にはそこそこ自信がありますからね。楽勝っすよ」
 
なんて思いながら余裕ぶっこいてビリーさんのマネをして喜んでたら
開始して6分を過ぎたころ、早くも強大な試練に遭遇してしまいました。


 

← こんなのできるワケねーだろ!

 

どんだけ股割りしてんだよ。
どこの相撲部屋だよ。

新弟子のワタルさんにはムリだっつーの。
はいはい、パスパス。



そんな目で見るなよ……
ムリなものはムリなんだから……
 
< 20分経過 >
 
ヤバイ、足がプルプルしてきた……

 
 
< 25分経過 >
 
ヤバイ、死にそう…… もうダメだ……
 
くそう……
 
 
で、でも、ボクには途中でやめられない理由があるんだ。
それはビリーさんの右斜め後ろでプレイしているぽっちゃりしたおねいさんが
余裕な顔で次々と過酷なプログラムをこなしているからだ。
 

← このおねいさん


くそう……


何なんだ、その勝ち誇った笑顔は……

オレよりもポテンシャルが高いとでも言うのか!
 

フン、こんなおねいさんには負けないもんね。
ボクはこれでも元ラガーマンですよ?
 
今まで地獄のようなトレーニングに耐えてきたんだ!
こんなところでリタイアできっかよ!
オラオラオラオラ!
 
「 ワンモアセッ! ワンモアセッ! 」

< 30分経過 >
 
か、体が動かない……
限界だ……
すいません…… やっぱりここでギブアップです……
 
 
ちくしょー……
 
おねいさんに負けた…… (ノω・、) グスン
 
これからはあのおねいさんを師と仰ぎ、早く彼女に追いつけるように頑張ります。
見た目であなどってしまい誠に申し訳ありませんでした。
 
でも、尊敬するおねいさんの名前がわかんないので誰か知ってる人がいたら教えてください。
ワラ人形を作って五寸釘でこちょこちょしてあげたいと思います。
押忍。 






 2007/6/19

日本ウルルン信長の野望電鉄2
 

 
						   

実家(新潟)から車に乗って、東北地方を1周してきました。
 
走行距離は1300キロを越え、
旅っていうよりただのロングドライブって感じでしたので
思わずエコノミークラス症候群になるところでした。
(エコノミークラス症候群が何なのか全くわかりませんけど)
  
ってことで、ここからは
ケータイで更新してきたブログ「ひとくちフォト」に沿って
ダラダラと経過報告していきたいと思います。
 
 
■6月5日(火) 9:55
→ 東北クエスト
 
2年ぶりにポンコツテラノを運転して実家を出発。
久しぶりにFM新潟を聴いてたら、いきなり
宝石みのわのオヤジがDJやってる番組に遭遇して
不愉快になったのでFMポートに切り替えました。
 

■6月5日(火) 13:16
→ 笹川流れでランチ
 
お昼ごはんを食べてお昼寝。

 
■6月5日(火) 15:48
→ ディーゼル最強伝説
 
山形に入って給油。
ここから北上するにつれてどんどんガソリン代が高騰していきます。
ってことで、ガソリン節約のためエアコン禁止。

  
■6月5日(火) 16:53
→ スノーヘッド
 
秋田県象潟(キサカタ)町でおやつ休憩。

 
■6月5日(火) 18:31
→ 本日のパワープレイナンバー
 
小比類巻かほるさんは青森県三沢市出身。

 
■6月5日(火) 20:12
→ 悲しみ本線・日本海
 
計画通り!(夜神月っぽく)

 
■6月5日(火) 21:18
→ セーブポイント?
 
車はテント。

 
■6月6日(水) 06:18
→ 朝までイオナズン
 
高木ブー、暴れすぎ。

 
■6月6日(水) 08:14
→ なまはげ出た―――!
 
男鹿半島に上陸。

 
■6月6日(水) 14:13
→ 雨の弘前城
 
中心部だけ有料になってます。

 
■6月6日(水) 14:46
→ とうぞくのはな
 
この近くの物産館でボスに高級りんごを買って1箱送ってあげました。

 
■6月6日(水) 17:58
→ なまはげリベンジマッチ
 
食費がかかるので仲間にしませんでした。

 
■6月6日(水) 23:06
→ ロード・オブ・ザ・リング
 
フロントのおねいさんが美人なセントラルホテル青森に宿泊。
この旅で唯一、ぐっすりベッドで眠れました。
ちなみにお風呂に入ったのもこの一日だけ。
 
■6月7日(木) 14:34
→ 恐山
 
携帯の電波が全く入らないエビルマウンテン。
 
受付のおっさんに
「ひとり!? ひとりで来たの!?」
と驚かれました。

 
それから、下北半島を走ってたら、普通に野良カモシカが歩いてました。
思わずアシタカのように「ヤックル!」と叫んじゃった。
  
■6月7日(木) 14:42
→ 荒涼とした順路
 
あのね、ココに不思議なハトが1羽いたんですよ。
ボクが近付いたら「こっちにおいで」みたいな感じで、こっちを振り向きながら
全く飛ばないで岩山をゆっくりテクテク歩いて行くんですよ。
で、そのハトの後について行ったら、あるお地蔵さんが立ってまして
気が付いたらそのハトが消えていました。
とりあえずお参りしておきましたけど、何かボクに関係のあるご先祖様なのかしら。

  
■6月7日(木) 14:45
→ 血の池地獄
 
ガチで怖かったです。
なんで赤いのかはわかりましぇん。

  
■6月7日(木) 14:56
→ 極楽浜
 
まさに大霊界。

 
■6月7日(木) 17:36
→ おつゆせんべい
 
買ってきたのはいいですけど、毎日暑いから作る気になれません (>_<)
焼いて食おうかな……
 
それから、4号線を走ってたら、普通に野良ヤギが歩いてました。

思わずハイジのように「ゆきちゃん!」と叫んじゃった。
 
■6月7日(木) 22:25
→ ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺
 
激ウマ。
スイカが超ナイスな具合にマッチしてます。
今度銀座のお店にも行ってみたいっす。

 
■6月8日(金) 11:02
→ 中尊寺
 
駐車場で呼び込みしてるおばちゃんに捕まり、蕎麦を食べに行きました。

 
■6月8日(金) 11:30
→ 素敵な木漏れ日
 
修学旅行で来ていた女の子が必死になってトカゲを捕まえようとしていて
担任の先生に怒られてました。

 
■6月8日(金) 12:10
→ 平泉散策
 
観自在王院跡。
東西120m、南北240mの広さを持つ庭園。
ボク以外に誰もいませんでした。

 
■6月8日(金) 18:27
→ 松島・五大堂
 
なんとなくやってきた日本三景のひとつ。
滞在時間は15分。

 
■6月9日(土) 10:26
→ 戻ってきたでござるの巻
 
東北一周の旅、終了。
次は6月29日から香川へ飛んで行ってうどんを食べる予定です。
押忍。


 

 
というワケで、最後に、
国道4号線の岩沼市にあるガソリンスタンドで給油した時のお話でもしようかと思います。
 
 
最終日。
あとは新潟に帰るだけとなったワタルさんは岩沼市のSSに立ち寄りました。
ボクのテラノはディーゼル仕様なので軽油の値段をチェックします。
 
「軽油:110円」
 
たけえ……
でももうガス欠になりそうなのでココで入れるしか仕方ありません。
なのでボクは3000円分だけ入れることにしました。
なぜ満タンにしないのかというと、
満タンにすると車が重くなり、燃費が悪くなるからです。(←省エネ大賞受賞)
というのは建て前で、ホントはお金がないからです。
 
あ、店員の青年がやってきました。
 
「いらっしゃいませー!」
「どーも。軽油を現金で3000円分だけお願いします」
「軽油を現金で3000円分ですね? かしこまりました!」
 
なかなかの好青年です。
元気があって非常によろしおすなぁ。
なんて思ってたら、その青年がおもむろにポケットから3枚のトランプを取り出しました。
そして笑顔でそのトランプをボクの目の前に広げ、こう言います。
 
「それでは、この中から1枚お好きなカードを選んでください!」
「……は?」
 
ぉぃぉぃ青年、突然何を言い出すんだ。
これは手品か?
ひょっとしてキミが得意なマジックをココで披露しちゃうとでも言うのか?
それがこのガソリンスタンドでお馴染みの大人気無料サービスなのか?
どんな経営方針だよ。
 
ったく、そんなことはどーでもいいから早く給油してくれよ、急いでるんだから。
つーかその前にそんなイリュージョンは無しでいいからその分料金を安くしてくれよ。
いったい何を考えているんだ!
と思いつつ、どうしていいのか解らずにオロオロして戸惑ってたら
 
「さぁ早く! お好きな1枚を!」
 
と、白い歯を見せながら素敵な笑顔で迫られたので
とりえあず一番左のカードを引いてみました。
 
サッ。
 
「おおっ! クローバーの3ですね!」
「……は、はい」
 
だ、だから何?
 
「おめでとうございます!」
「……え?」
「お客様は、リッター3円引きになります!」
「マヂで!?」
∩( ・ω・)∩ ばんぢゃーい
 			   
ってことで、宮城県にはステチなサービスステーションがあるので高感度アップです。
牛タン食べたいです。 
よろしくお願いします。
 


 2007/6/27

高橋名人の秘密
 

 
						   
今週末からまたフラフラと旅に出ます。
前回の東北地方制覇により、現在の信長の野望状況はこんな感じです。
 
  

  で、今回は、九州を除く未踏の地域を一気に塗り潰そうと思います。 ものっすご気合入ってます。 コスモがみなぎってます。 今にもうんちが出そうです。  
予定ルート

東京→香川→岡山→鳥取→島根→広島→愛媛→高知→
徳島→和歌山→三重→岐阜→愛知→静岡→山梨→東京

 
一応こんな感じで渡り歩こうと思ってますが
その日の気分でテキトーに行動するので突然変更するかもしれません。
あと、今回は車を使わずに、公共の交通機関を満喫する予定です。
 
ってことで、
移動時間が長くなり、その間すんげーヒマになりそうなので
久しぶりに某携帯ゲーム機を持って行って遊んでやろうということになりました。
 
うーん、どのゲームを持って行こうかなー。
時間がたくさんあるから、難しいヤツがいいなー。
 
うーん、どのゲームを持って行こうかなー。
時間がたくさんあるから、難しいヤツがいいなー。
 
と、家にあるソフトを物色していたら、ありました。適切なヤツが。
ワタルさんの需要にピッタリんこの激ムズゲームが。
 
その名は「チャンピオンシップロードランナー」です。
 
ロードランナーと言っても、コヨーテに追い掛けらて「ミッミッ」と鳴きながら
荒野を猛スピードで駆け抜ける俊足の鳥のことじゃなくて
あの有名な穴掘り金塊争奪ゲーム(?)のロードランナーのことです。
これはその激ムズ版ね。
 
上のリンク先にも書きましたが、凡人にはクリア不能です。
ボクの知り合いで全面クリアした人はひとりもいません。
まさに難攻不落の鬼ゲー。
 
あ、そう言えば、ボクの友人のSくんは小学生の頃、
やっとの思いでファミコンを買ってもらい、お父さんから
「クリアしたら次の新しいゲームを買ってやるよ」
と言われ、最初に買ってもらったソフトがこのチャンピオンシップロードランナーでした。
もちろんクリア不能。(全校が泣いた)
 
発売元のハドソンソフトは当時
「買わなきゃハドソン!」
というキャッチコピーで一世を風靡しましたが、Sくんはそれ以来
「買って損したよ!」
と言ってハドソンが大嫌いになったステチ少年です。
 
 
<参考動画>
  「チャンピオンシップロードランナー」1面から10面

  「チャンピオンシップロードランナー」41面から最終面

  ちなみに このゲームを日本で最初にクリアしたのはあの高橋名人らしいんですけど   「このおっさんはどんなゲームでもマスターしちゃうよな…… 怪しい……  いったいどんな生活してんだよ…… 絶対に何か秘密があるハズだ……」   と不審に思い、元CSI:科学特捜班だったワタルさんは 早速この件に関して極秘捜査を開始しました。       すると、とんでもない事実が……!!      
   
   
                                                    
というワケで
今からイクラを買いに行ってきます……
  (ノω・、) グスン
 

 
ありがとうビリー隊長、がんばるよ!  (`・ω・´) シャキーン
 




←[ RETURN ]